読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

36 Pregnancy Daiary

36歳で子宮筋腫・子宮内膜症持ちで初めて妊娠。主に自分の記録用。

帝王切開 術後当日(MFICU)

もう記憶がうっすらしてしまっているけど記録の為覚えている点を書いておこうと思います。これから帝王切開になる方の参考になればいいな。帝王切開の方のBlogを探したのだけど自然分娩の方に比べて記事が少なくて。何でかなと思っていたけど、実際に産んでみて、帝王切開の方が産む痛みは少なくて楽だけど、産後の回復が遅いからみなさんブログどころじゃないんじゃないかな?

 

ベビーが生まれてから縫合とかして2時間後にMFICUに移動しました。私が入院した大学病院では帝王切開後は翌日までMFICUに入るルールになっているようです。私の場合持病があり、そっちの状態次第でいる日数が変わるとは事前に言われてました。事前といっても手術2日前位に看護士さんから又聞きで聞いたレベルですが。。こういう話はもっと入院前に言ってくれないと心構えがねぇ。。

 

MFICUの部屋は大部屋だけど隣とは薄い壁で仕切られていて、部屋全体がコの字型になっていてベッドで囲んでコの内側にナースステーション的な作業スペースがありました。私が入院した時は隣は空き、隣はトイレで、他に切迫早産の方が2〜3名入院しているようでした。

 

MFICUに入るといつのまにか両足に血栓予防のマッサージする機械みたいなのが取り付けられてました。私はこれ初体験だったのですが気持ち良くてかなり癒やされました。外すのが残念だった位。夜中寝たきりになってる時も気晴らしになるというか。あれ、買えるなら家でも昼寝中にやりたい位だなー。もし二人目を産む事があったら帝王切開は憂鬱だけどあれは楽しみだって位好き。

 

部屋に入ってからすぐに主人と実母が面会に来て、その後すぐにベビーがコットに入れられて来ました。私は手術室ではちょっとしか見れなかったからこれが初対面。

ちょっと抱っこ。身体が動かない為ベッドで横に少し置く感じ。

この時は感動的というより、産声が小さかった事が気になって「大丈夫だった?」

という心配の方が大きかったかな。臍の緒が首に二重に巻いていた(臍帯巻絡)事が

ベビーとの感動の対面を薄れさせたような。。対面から少ししてから看護士さんに連れていかれたのかな?私が妊娠糖尿病だったせいで生まれたてのベビーの血糖値が下がりやすいので生後しばらくは血糖値を測ると言われてました。それで連れていかれ、少し血糖値が下がってしまったのでと糖水を飲ませますと言われました。看護師さんに哺乳瓶で糖水を飲ませて貰って、初めての哺乳瓶なのに上手にゴクゴク飲む姿が可愛くて、ここで「可愛い〜!!」という気分の盛り上がりがあったかもしれません。

 

その後、初めての授乳の練習でしたが出る訳でもないのでちょっとくわえさせたという程度でした。記念に写真を撮りました。

そうこうしてる間にお昼の時間になり実母が帰り、主人と二人でまったりしていると

突然もの凄い叫び声がドア越しに聞こえてきました(驚)。MFICUの中に分娩室があり

ちょうど二人の妊婦さんが出産のクライマックスになってたようです!!!たぶん随分前から分娩室にいたのでしょうがそんなに大きな声じゃなかったのか、最後の最後の

いきみの所から聞こえてきて、聞いてる私と主人はもの凄く痛そうで、、、本当に帝王切開で良かったね。。。普通分娩はとても大変そうだという意見にまとまりました。

主人はその叫びに耐えきれずに昼食の為に部屋を離れました。動けない身体で「助けてー!!!」「痛い!痛い!痛い!」という物凄い叫び声に震えましたが、この叫びのお陰で帝王切開の術後の辛さもやや減ったような。。しばらくしてから二人とも無事にご出産されたようでホッとしたのですが、しばらくしてから分娩の時より激しい叫び声で

痛い!痛い!痛い!!!痛いよーーーーーーーーーーーーー!という叫び声が。

後で助産師さんに聞いたら会陰切開の縫合で麻酔が効いて無かったらしい。分娩ってあんなに叫ぶものなのか聞いてみた所、私が遭遇したお二人はかなり叫ぶタイプの方だったとの事でした。

 

無事ご出産後すぐに、ご主人が助産師さんに「妻がおにぎり食べたいと言っているのですがあげていいですか?」「どうぞ〜」という会話が聞こえて来て、あぁ普通の分娩は産む時大変だけど産んだ後の回復が凄いな〜羨ましい〜と身動き出来ず、飲まず食わずの身で羨ましく思いました。

 

その後、主人が戻るまで暇だけど興奮して眠れないので友人に出産報告をスマホでして過ごしました。ベビーは足元にコットに入っているんだけど、角度的に殆ど見えず。

途中、熱が出てきたのか暑かったので電気毛布を外してもらいました。

 

主人が一度戻って来てから面会時間終了まで一緒に過ごし、夜へ突入。

夜はベビーを預かってもらってひたすら寝る。痛みは麻酔が効いているのであんまり無かったような。寝てる間の足のマッサージ器が気持ち良く、夜中に起きた時も気分転換になったな。気持ちいいーと思いつつまたウトウト。

腰に入れてる麻酔は痛い時に押せば追加が出て来るシステムになってるんだけど

この時私は早く無くなるのを恐れてケチってあまり押さなかったのです。まぁ耐えられる程度の痛みだったし。

 

出産当日の夜は動けない、絶飲食なのでとにかく時間が過ぎて明日が早く来る事を祈りつつひたすら無の境地で寝るしかないです。あー水飲みたい!!とか思うとますます欲望が激しくなり悲しくなるので、とにかく無の境地。時間が1分1分過ぎるのを感じ、

あぁ明日へ1分近づいたと思うのです。これは子宮筋腫の手術の時に得た経験なので

今回帝王切開の時も心穏やかに過ごせました!初めて手術した方は出産に加えて手術なんて大変ですよね。あと、産後一般病棟に戻るとベビーのお世話でぐっすり眠る事は不可能だし、家に帰ってもしばらく一晩中寝るなんて幸せな事は訪れないので術後の日は

スマホいじらずにひたすら寝溜めする事をオススメいたします!今出産日に戻れるなら

自分に「出産連絡とか後でいいから今は寝ろ」と伝えたいです。。。

 

比較的穏やかに過ごした出産当日ですが、お腹の痛みが吹っ飛ぶ程の痛みに夜中襲われました。それは肩の痛みです!!!夜中に目覚めると何故か肩が痛い。私は肩が弱く良く軽く外れてしまうのですが、外れた並みに痛い。肩がもげそうに痛い。腰に入っている麻酔はお腹まわりにしか効かないので肩が猛烈に痛い。。。でも一見手術と関係なさそうだから看護婦さんにも言えない。。。夜中にスマホで「帝王切開 肩 痛い」で検索すると、同じ様な痛みに襲われる人が沢山いてホッとしました。手術の影響でそのうち収まると書いてあったので一応安心。しかし本当に痛かった。もう一度書きますが、肩がもげそう!!!次回妊娠する事があったら肩の痛みの件は事前に麻酔科の先生に聞いておこう。痛み止めも貰おう。

 

そんなこんなで翌朝を迎えます。